卒業生&技術者様の声

日本デントリペア・スクール(JDS)TOP > 卒業生&技術者様の声

卒業生&技術者様の声

当校を卒業、現在受講されている方々から 「デントリペア」 についてのご感想を頂きました。
鈑金塗装業と併用されている方々の 「デントリペアに対する思い」 や 「その実用性」 をご覧ください。

JDS卒業生・2015年度デントリペア・ヨーロッパ大会優勝デントリペア国際技術者ライセンス【Master Craftsman】取得トラストデント岡山店 安田氏(岡山県)

1,JDSでデントリペアを習った経緯やデントリペアについて

【デントリペア習得への軌跡】

小さいヘコミはパテを付けずに直せないかと考える事ってありませんか?当時デントリペアという修理方法は全く知らなかったのですが、鈑金塗装をしている時に小さいヘコミを裏から押して直せれば、修理の効率を上げる事が出来ると考える事が度々ありました。しかし完全に綺麗な状態に戻す事は困難で、パテは不要でも塗装は必須となる事がほとんどでした。

何年か経ったある日、塗らずにヘコミを直す『デントリペア』という方法を知り、自分のやっていた事はこれだと思い無料体験に行く事にしたのです。その時は『スクールの技術力の差』はほとんど無いだろうという安易な気持ちでしたが、デモで直してもらったヘコミが全く綺麗に直っており驚きました。あらゆる方向あらゆる角度からじっくりと確認し、リフレクターボードの様に基準を映してしっかりと確認を行いましたが全く綺麗な状態でした。ここまで綺麗に直せるのなら、様々な場面で通用する技術だと確信して受講を決意しました。

…続きを見る

2,板金業者がデントリペアを取り入れる事のメリット

【多くの場面で活躍できるデントリペア】

技術を習得してから数年ですが、多くの方に喜んでいただけるデントリペアはとてもやりがいがあります。『直せない場所やヘコミがある』というデメリットはありますが、塗らずに直すという方法にとらわれなければ、鈑金塗装の一部としてかなり活用出来ます。

小さいヘコミやエクボなどは塗らずに修理する事が可能ですが、それが出来ない場面でもパネルを押して整える事でパテ整形が不要になる。さらにパテ成型が必要となるような損傷の場合でも、パネルの張力を残す事で歪みやパテの広がりを抑えることも可能。パネル交換になるような大きいヘコミや損傷の場合でも、応用次第で修理の可能性はさらに広がります。

…続きを見る

【経験から言える事】

デントリペアにおいて基本はとても重要です。本来の技術とノウハウを知る事で目標もかなり違ってくると思います。スクール選びはデントリペア技術者として最も重要な最初のスキルともいえます。より多くの方が適切な技術の習得をして、様々な修理に活かしていただければと願っております。

JDS卒業生・デントリペア国際技術者ライセンス【Master Craftsman】取得トラストデント 北九州八幡店 末富氏(福岡県)

1,JDSでデントリペアを習った経緯やデントリペアについて

だいぶ前の事になりますが、僕がトラストデントのスクールに行った経緯は、その頃僕は板金塗装の工場に勤めていて、エクボの修理を外注でデントリペアしてもらう機会があり、それを見て感動しました。いつも小さなエクボもパテを入れて塗装するのを残念に思っておりました。そこで勤めていた頃の社長にお願いしてデントリペアを習いたいと伝えてスクール探しを始めました。

どうせ習うなら日本一の人に習いたいと思い色々探していると まず福岡県久留米市の岡さんに出会い、そこで東京の押味校長の話しを聞いて早速、電話をして習いたいとお願いしました。押味校長のデントリペアに対する熱い話しを聞いていると僕もどうしても習いたいと思い、決心してスクールに入りました。デントリペアは板金塗装の片手間で覚えられる程甘くないと言う事は指導受けている時に納得できました。僕はとんでもなく難しいトラストデントの完成度に知り、僕はやれるのかといつも心配になっては練習していました。あれだけ苦戦して習得した技術ですが、奥が深くいまだ練習の日々です。このスクールは大変難易度の高い技術ですが、とても素晴らしい仲間もいてよかったです。

…続きを見る

2,板金業者がデントリペアを取り入れる事のメリット

  • 1、事業拡大今までにない顧客が見込める
  • 3、小さなエクボが短時間で直せる
  • 5、出張修理が出来るも直せる
  •  
  • 7、凹みキズはパテを使わず塗装出来る
  • 2、宣伝・営業ツールに使える
  • 4、材料費・光熱費が減る
  • 6、あってはいけない事ですが、預かり車を凹ませても直せる
  • 8、塗装後に見逃していた凹みも直せる

とにかくいい事だらけです。

JDS卒業生・Kさん(東京都)

1,JDSでデントリペアを習った経緯やデントリペアについて

鈑金業の独立はコスト的に諦めていましたが、デントリペアを習得すれば1人でも出来るかもしれないと思ったので受講しました。ホームページや、実際に見学してみて実績や技術力の高さから決めました。

2,板金業者がデントリペアを取り入れる事のメリット

メリットは元の塗装を残せるパテ、塗装作業が無いので金額が抑えられ、時間短縮にも繋がりパテやせなどの後々のトラブルが防げる

JDS卒業生・Tさん(愛知県)

1,JDSでデントリペアを習った経緯やデントリペアについて

鈑金塗装をしていて、クオリティを求めて行った先にデントリペアに出会いました。塗装が割れていないヘコミをリペアするなら最強だと思います。

2,板金業者がデントリペアを取り入れる事のメリット

最近の車は鉄板も薄くなってきていますし、熱も入れられないので軽鈑金の荒出しには最適だと思います。アルミパネルも荒出しできるのでかなり重宝しています。
塗装の方だと、ボカシたいパネルにヘコミがあったり、隣接パネル付近にあると、普通に直したら
塗装範囲が広がりますが、デントで出してしまえば色もぼかせるし、ヘコミも直り塗装範囲が広くならないので作業時間も短くなる、と良いこと尽くしです。

JDS卒業生・Iさん(千葉県)

1,JDSでデントリペアを習った経緯やデントリペアについて

デントリペアを外注する機会が増えてきて自分でも出来ればと、やるからにはレベルの高いJDSで受講と考えました。

2,板金業者がデントリペアを取り入れる事のメリット

鈑金業の目からデントリペアの目になることにより鈑金業の技術も上がる。

JDS卒業生・Aさん(長野県)

1,JDSでデントリペアを習った経緯やデントリペアについて

鈑金塗装より利益率が良く、 一人でも独立出来る仕事はと思い、名前しか知らなかったデントリペアに興味を持ちJDS に入校。仕事がら多少の自信はありましたが、押味校長の魔法の様な仕上がりを見せつけられ自信が不安に…。カリキュラムの最初の方はやっている事が良く解らず上達が感じられなかったが、職業上仕事中、後や帰宅後ボンネットを持ち込んでの練習も出来たこともあり、中盤頃から少しずつ手応えを感じ始めました。卒業後もいつでも練習に行けるというサポートの安心感もあり、毎日、開業の日を夢見ながら練習の日々です。数あるスクールの中からJDS に行き着いたのは運命的だったと思っています。

2,板金業者がデントリペアを取り入れる事のメリット

まず、1番は一般ユーザーの集客力だと思います。私の近隣では鈑金塗装とデントリペアを併用している所は聞いたことがありません。2通りの修理、見積りしてもらえる所は中々無いかと。あと、デントリペアのノウハウで鈑金すれば熱も入らずパテの量が減り経費に貢献。数少ない実体験からでは、上手く直せれば仕上がりはパテの比じゃない。ボカシ際等の色をかけたくない所にあるヘコミを直せば塗装パネルが1枚減る。軽いキズありくらいならデントリペアで直してその日に塗装出来る。難易色でも調色をしなくていい等です。

JDS卒業生・Kさん(新潟県)

1,JDSでデントリペアを習った経緯やデントリペアについて

デントリペアは、この先に必ず必用とされる技術だと思っていました。以前の会社は部品を売る事でしたが、お客様と話しをしていても「このぐらいのキズなら板金じゃなくても」と、話すお客様が多くいました。交換するにしてもサフェーサー、塗装、さらにボカシなど工程が多い作業が必ずあります。もちろん、交換していただければ売上は上がりますが、それはあくまでも会社員である私の視点であって「車を治す!」と言う視点ではありませんでした。
??がいつの間にか頭にあり、そんな中でデントリペアと言う言葉、技術があることを知りました!

調べていくにつれて、今までお客様から聞いた答えが見えた気がしました!
会社員で販売員であった私にデントリペアは出来るのか?お客様から聞いていた事が全部でなくても、少しでも解消、お手伝いできるのかと色々考えました。
そんな中、JDSの無料体験を知り、まずはもっと知り見てみたい!と、私の好奇心とお客様と話す1つの営業の引き出しになればと思っていました。実際に見て、体験して、驚きと感動で実際にやってみたい、覚えたい!と思いました。しかし、実際に私にできるのか?私はやっていけるか?という不安もありましたが、押味社長の話し聞いていて、『どこで習うかではなくて、誰に習うか』が大事だと言われました。
その言葉がその日から私の頭にずっと残り、無料体験から約5ヶ月の後、私なりにデントリペアでやりたい!という気持ちになり、18年間働いた会社を退社してJDSに入校しました。

…続きを見る

2,板金業者がデントリペアを取り入れる事のメリット

デントリペアは、エコ・コスト削減・時間短縮、何よりお客様の金額負担軽減になると思います。 最近、『エコ』活動が多く言われています。 ヘコミの度合いによりますが、交換する事でゴミになる…、出来るだけゴミを出したくない…、外したドアパネルなど場所も要り毎回捨てる板金屋さんはいませんよね? デントリペアが出来ることで粗だしも出来るし、今までの「交換か迷う仕事」が直すことで「直す=利益に繋がる=ゴミが出ない」というコスト削減にも繋がると思います。

近年、アルミ製のパネルが使われアルミを鈑金するには、それなりの設備投資をなさる人もいると思います。「アルミ素材を鈑金するなら交換した方が早い!」と思う人が多いのが現状だと思います。
あくまでもヘコミの程度にもよりますが、デントリペアが出来ることで悩む事が減ってくると思います。アルミ素材だけではなく、普通のスチール鋼板パネルでも、デントリペアで「粗出し」が出来れば無駄に入熱することも減りますし、パテを多く盛る事も減ってくるはずです。パテは安いかもしれませんが、それでも塵も積もれば!だと思います。微々たる金額でも経費、コスト削減、さらにパテの磨いた粉も少なくなる。気持ちや考え方だとは思いますが、それでも違いはあるはずです。

デントリペアを覚えたり、デントリペアが出来る人と知り合う事で、今までやっていた鈑金が変わり時間短縮にもなるはずです!
「全ての色を剥いで、パテを盛って、塗装して」ではなく、デントリペア工法で「塗装ミストも出さす、パテ粉も出さず、色を吹いて乾燥、磨いて納車」などといった1日で終わる仕事もあるかもしれませんが「鈑金は時間が掛かる」と思うお客様がほとんどだと思います。
大きい鈑金作業をしていて、新たに入庫したクルマが、デントリペアで直せるヘコミであれば、その工程内でパテの硬化中や塗装乾燥中でも必ず待ち時間があるはずです。その時間でデントリペアが出来るなら、時間短縮になるはずです。
もちろん、デントリペアだからといって直ぐリペアできるヘコミだけでなく、時間がかかるリペアもあると思います。それでも、無駄な時間を省く事になるはずです。
私が会社員の時は、お客さんに部品を届けると、「今パテ盛ってるから、塗装してるから、また後にしてくれ!」と言われる事も多くありましたが、エンドユーザー様だとそうは行かない事もあるはずです。「ここで作業をやめたら、またやり直し!」そんな事もあったのではないでしょうか?
デントリペアであれば、少し手をとめてもまた続きから作業をする事もでき、エンドユーザー様を事務所で待たせる事もないと思います。その様な光景を人数が少ない鈑金屋さんでよく見て感じました。
季節的に鈑金屋さんはこれから忙しくなります。
作業待ちの車が外に放置されてるのをよく見ます。作業はお預かりした順番からになると思いますが、もしその中にデントリペアで直せる作業が有れば、ブースで乾燥中にデントリペアの作業が出来る事も可能なはずです。鈑金屋さんで今も昔も言われる言葉があります。
「面倒くさいから、パテもったほうが早い」と!
鈑金屋さんのみなさんが言っているわけではありませんが、よく耳にします。
先ほども言いましたが、「この程度のヘコミなら…」と思った時にデントリペアは必ず役立つ技術でメリットになるはずです。

メリットは、デントリペアをする鈑金屋さんだけではなく、お客様にもメリットがあるはずです。
ヘコミが気になったとしても、「ヘコミを直す=鈑金=高い」と言うイメージがあると思います。
個人になれば尚更「高い!」のイメージが強くなっていると思いますが、凹みの状態もありますが、鈑金より安く直せる事がわかれば、それを直すお客様が増えると思います。「高い・時間がかかる」のイメージではなく、「思ったより安く何より早く終わる」といったイメージになるのではないでしょうか?
デントリペアという言葉も知らない人が多いはずですが、その技術は間違いなく確かなものだとわかるはずです。

…続きを見る

JDS受講生・Oさん(茨城県)

1,JDSでデントリペアを習った経緯やデントリペアについて

私が初めてデントリペアを見たのは多分、20年以上前に行ったオートサービスショーでした。当時のデモはツールも秘密、作業も秘密で外国人がデモカーのドアをハンマーでへこませた後にカーテンで作業を隠して、数分後カーテンを開けると凹みがなおっているとゆうマジックでも見ているかのような驚きの内容でした。興味はありましたが講習費が高いし板金塗装職人として駆け出しの頃だったので受けようとはしませんでしたが、どうやってなおしているのかはずっと気になっていました。

それから時は流れて確か今から15年くらい前に部品屋が同行販売でデント業者を連れて来ました。あの時に謎だった技術が半日講習とツールセットであの時の半額以下だったので購入することにしました。ツールを購入して引き渡しの時に半日講習、実際には三時間くらいの講習とゆうかツールの使い方を教わりました。しかし、数時間の講習ではデントリペアとして商売するほどのシビアな仕上がりは出来ないので板金の道具として使用していました。ライトセッティングが難しく使用する時に、だんだんと面倒くさくなりライトは使わず凹みを後ろから押し出す粗出し用の工具となりましたが上手く使いこなせないし使用するのはいつも決まった二本しか使わないのでセットそのものは徐々に使用頻度も少なくなり工場の片隅に眠ったままの期間が続きました。

そんな日々が続いたある時に板金塗装の動画や工具の動画をYouTubeで見ていたら海外のデントリペア動画にたどり着きました。ビッグデントをリペアする動画に驚き再びデントリペアに興味が湧きました。そしてもっと良くできる方法はないかとネットでいろいろ検索したらトラストデントのサイトに行き着きました。代表のアメリカに修行に行き世界大会での経歴を見た時には衝撃的でした。教わるならこうゆう人に教わりたいなと思いました。

私はデントリペアという技術があってスクールがあるから金はかかるけど、そこに通った方が近道になる、仮に受講しても完璧な仕上がりのデントリペアができなくてもデントツールを使った板金が出来るようになるはずだと言いました。受講料は新車を買ったと考えて、もし技術修得できなくて商売にならなくても世の中には買った新車に車両保険かけてなくて廃車になってローンが残った人もいると考えれば、受講料の投資の保険は自分のやる気 自動車業界へたずさわっていくなら技術修得は避けては通れないと彼に言いましたところ、数日後彼が無料体験の資料請求をしました。後日無料体験に付き添いで行った私もデントリペアの技術を修得したくて入校することとなりました。私自身は本業の板金が多忙で受講は厳しいかなと思っていましたが最終的な決断は無料体験で見せてくれたインストラクターの技術の高さと、押味社長のデントリペアへの情熱が伝わったからです。押味社長の不器用だから人一倍練習したと言っていた言葉に感銘しました。鈑金塗装を無我夢中で覚えようとした若き日を思い出しました。

…続きを見る

2,板金業者がデントリペアを取り入れる事のメリット

受講してから実感できるデントリペアを鈑金塗装に取り入れることによって得られることは、新車時の塗膜を最大限に生かしパテは最小限にできることと、デントライトを使用することによる視覚での修正による精度向上です。これからの時代は部品交換でなく修理できるものはなおす。「直すことができる」ことが求められます。これはある意味、モノが無かったから直す時代とは異なり、お金をかけない時代になると思います。理由はいろいろありますが保険等級制度や増税など、車の寿命が伸びたことなどの「流れ」の中でもクオリティは求められるので、鈑金とデントリペアのハイブリッド工法が主流となると思います。

JDS受講生・Fさん(東京都)

1,JDSでデントリペアを習った経緯やデントリペアについて

他のデントスクールを見学して一番技術力が高い所だと思い入校しました。

2,板金業者がデントリペアを取り入れる事のメリット

最近の鉄板に対する熱処理で疑問を解消出来ずに、ヘコミを大きくしてしまわないように熱を加えない粗出しは効果的だし、作業時間の短縮が可能に成ることが大きいと思います。

千葉県東金市:S様 無料体験後にいただきましたメール文より

日本デントリペアスクール 押味校長様
先日はお忙しい中、押味校長はじめ藤野講師、受講中の方々にはお世話になり、ありがとうございました。
自動車業界にとても興味があり、デントリペアおよびJDSのことを知り、1日無料体験をしたいと思いました。
体験では実際にツールを使ってリペアを体験させていただきましたが、とても難しく根気のいる作業だと思いました。

自分はコツコツものごとを進める性格なので、むいているかなと思いました。
また、受講中の生徒さんのビフォーアフターを見させていただきましたが、そのレベルの高さには驚きました。
体験では、いろいろなことを体感しました。言葉にうまく表現できない『なにか』です。
スクール受講するため、準備していきますので宜しくお願い致します。
また相談させていただくかもしれませんが、そのときはお願い致します。

...続きを読む

東京都江戸川区:K様 無料体験後にいただきましたメール文より

JDS校長 押味様
ご予定がある中、時間をつくって頂きありがとうございました。色々なお話を聞けてとても有意義な時間でした。
私は今現在、精密機械加工の職人をやっていますが、将来の展望を思慮すると不安な日々を過ごしています。環境に優しく、職人としての腕のみでチャレンジ出来る事は無いか探していました。普段から車をいじったりする方ではありませんが、何故かデントリペアが気になり、検索していました。今住んでいる場所から近い所にこんなにすごい経歴を持っている人がいるなら是非会ってみたいと思い無料体験に申し込みしていました。

デントリペアと言う技術はyoutubeで見た事はありましたが目の前で見たのは初めてで、すごいの一言です。先端が加工されているシャフトであそこまで見事に直って行くなんて思いませんでした。
私も実際に経験させて頂きましたが、見当違いの場所を押していたり力加減が分からなかったり、本当に難しかったです。何よりもきつかったのは、普段怠けた生活のせいか体が固まり所どころ攣っていました(笑)
行っている事はシンプルなのに、すごく難しい、日々の練習や経験、意思が強くないと修得出来ないと痛感いたしました。 何より、無料体験で印象に残り、今でも頭から離れない押味様の一言、デントリペアをやって180°人生が変わった… 私の中で響いています。
私もそう言える位何かに打ち込み達成出来るのか?挑戦するなら押味様の下で挑みたいと思いました。
貴重な体験をさせて頂き本当にありがとうございました。何より押味様に出会えた事嬉しく思いました。

...続きを読む

東京都足立区:N様 無料体験後にいただきましたメール文より

押味様
本日、無料体験をさせていただいたNです。
お忙しい中、押味社長はじめ卒業生&受講生の方々に大変お世話になりました。
自分はデントリペアに興味を抱いたものの自動車業界未経験…そんな中偶然、JDSをインターネットで知りました。その後、押味社長からお電話を頂き色々なお話を伺い自分の目で見て体験したいとすぐに思いました。
本日の無料体験で一番驚かされたのは、デントリペアの難しさはもちろんのこと、卒業直後の生徒さん&受講生の方々の技術レベルの高さでした!!

本日はボンネット及び練習車?(黒塗りのプレジデントでした)に押味社長が自分の目の前で作った、デント4箇所を卒業直後の生徒さん2人と受講生2人の方々に実際にリペアして頂きました。正直、半信半疑でした…まだ卒業もされていない受講生の方にできるのか??数時間後、車を見ました。数時間前に自分もハッキリと確認したデント(目視で5センチ以上ある)が見当たリません…衝撃でした。
どの角度から見ても分かりません…
どこにデントがあったのかも分かりません…
神経質な私が見ても分からないのですから同業社のプロの方が見ても分からないでしょうね!!
無料一日体験、良い一日になりました。
押味社長、卒業生&受講生の方々、お忙しい中本当にありがとうございました。
スクール受講についてよく考え判断したいと思います!!

...続きを読む

福島県いわき市:S様 無料体験後にいただきましたメール文より

押味様
いわき市のSです。
先日はお忙しい中、無料体験やいろいろな話を頂きましてありがとうございました。
受講生の歓迎会にもお誘いいただき、押味さんのデントリペアに対する思いや、受講生や卒業生の方々の話しもお聞きでき、とても貴重な体験をさせて頂きました。卒業生によるデモでは、時間的な制約もあったせいかご本人は納得されていないようでしたが、自分的には「これ以上どこを直すの?」と思える仕上がりでした。それでもまだ、やっと「ディーラー様向けの営業許可が許された」という段階とのことで、本当にレベルの高さを実感しました。

スクール内の雰囲気もHPにも書いてあるように「ここは仲良しクラブじゃない!」、「男塾、それで良し!」まさにそんな感じで、本気な緊張感が感じられました。
この業界では、卒業したは良いけれど様々な理由で脱落していく人も多いという話も聞き、とても不安を感じているのですが、このグループでは師匠・弟子の関係という考えの通り、卒業後も歯に衣着せぬ言葉で(技術面はもちろん、精神的な部分についても)も十二分にケアされているようで、ここでなら、自分を奮い立たせ何とか頑張ることが出来るのでは?と感じました。
※押味さんの「弟子たちを簡単に諦めさせる訳にはいかない!」という言葉がとても印象的でした。
今すぐ結論を出す事は出来ませんが、受講に向けてを前向きに検討したいと思います。また何度かご相談する事があると思いますので、その際は宜しくお願い致します。
※お世話になりました卒業生・受講生の皆様、 この場をお借りしまして御礼申し上げます、有難うございました。

...続きを読む

山梨県甲府市:A様 無料体験後にいただきましたメール文より

本日の無料体験では大変お世話になりました。以前よりデントリペアの技術に対してとても興味を持っていながらもずっとモヤモヤしていた気持ちが今日一日で全てクリアになったような気がします。大変お忙しい中、じっくりと貴重なお話を聞かせて頂き、その節々から押味社長の素晴らしい人柄やデントリペアに対する考え等、とても刺激になりました。

また、卒業生による2箇所のヘコミのリペアのデモを拝見させて頂きましたがとても素晴らしい仕上がりで、短期間でこれだけのクォリティーに達する事が出来るJDSのノウハウやデモをしてくださった卒業生の方の努力には本当に感動しました。もっと沢山お話をお伺いしたかったのですが、今は一刻も早く受講に臨めるように準備を進めて私もTDGのロゴマークを背負えるように頑張りますのでその際はよろしくお願いいたします。
押味社長をはじめ、TDGの皆さん、本日はお忙しい中本当にありがとうございました。

...続きを読む

埼玉県川越市:K様 無料体験時のご職業:某新車カーディーラーのフロントさん

先日はスクール無料体験及び色々なお話をお聞かせ戴き本当にありがとうございました。私自身、デントリペアには10年来の付き合いが有り、素晴らしい技術に感動していました。が、今回拝見させていただいたスクールを卒業間もない生徒さんによるデモンストレーションの仕上がりレベルや、お客様の車を実際にリペアした際の押味社長のスピードと出来栄えには、デントリペアを初めて知った時の感動を遥かに超える物が有りました!

自分自身職業柄、デントリペアの修理後のどんなにわずかな歪みでも、指摘する事ができましたが…。今回の無料体験では残った歪みが全く有りませんでした!デントリペアでの修理後に歪みが残るのは単に今までお付き合いしていたデントリペア業者の技術不足だった事が良く判りました。今後は本物だけが残れる時代です。デントリペアを学ぶのならJDSしかない!と、声を大にして叫びながら、準備を進めてまいりますので宜しくお願いします!!

...続きを読む

鳥取県鳥取市:G様 無料体験時のご職業:前会社員

先日は無料スクール体験に参加させていただきましてありがとうございました。押味さんとのじっくりと腰を据えたお話の中で、デントリペアに取り組む真剣な姿勢とひた向きな情熱は本物の職人であると、ひしひしと伝わりました。

来店されたオーナー様の車にできた、厳しい凹みの押味さんによる施工の「ビフォー&アフター」とスクール卒業生による凹み2ヶ所のデモ施工の「ビフォー&アフター」を目の当たりにした時、JDSのウェブサイトで、記述されていた世界レベルの本物のデントリペア技術に驚きましたし、感激しました。押味さんが話されていた、自らを鼓舞し更に頂点を目指すデントリペアの技術向上への飽くなき挑戦の熱意は、近い将来日本におけるデントリペア技術のレベルの変革が起きると確信を抱きました。現在、私の中では技術習得をするならJDSしかないと思っています。

...続きを読む

山口県:I様 無料体験時のご職業:カーポリッシング&コーティング業

このたび無料体験を受けさせて頂き、有り難うございました。私がなぜデントリペアに興味を持つことになったかと申し上げますと、私自身がカーコーティング業務に従事していることもあり、お客様から「へこみが直れば助かるのだが、デントリペアはしてないのですか」と言う質問が多々あったからです。それらのこともありまして、デントリペアに関するホームページを見ていましたら、「世界大会5位の実力」と言う見出しが目に入りました。ホームページを拝見すると、押味さんのデントリペアに対する真面目な考え方がサイトから感じられました。

早速、押味さんに連絡をとりまして、無料体験を千葉の原木工場で受けることになりました。
押味さんとお逢いして感じたことは、「デントリペアの事になるとすごい情熱だ」という事でした。私が伺った時に受講生の南雲さんが受講されておられ、押味さんがボンネットにへこみを作り、南雲さんがそれをリペアしますとの事でした。リペア作業が終了したので見てくださいとのことでしたのでボンネットを拝見すると、へこみが完全にリペア出来ていました。私自身、カーコーティング業に従事していることでヘコミや傷の見方は厳しく見ますが、プロの私が見ても驚く程の仕上がりの良い仕事でしたが、それでも南雲さんは納得していない様子でした。短期間でここまでの技術を教える押味さんのノウハウは相当なものだと実感しました。
JDSのホームページの内容に嘘偽りがないことが、この度の無料体験・見学で確信に変わりました。これらは自分の目で見て、初めて理解できる事です。

...続きを読む

北海道江別市:Y様 無料体験時のご職業:自動車鈑金塗装職人

僕は無料体験を受けて、JDSのデントリペアのクォリティーの高さに驚きました。パネルに2ヶ所の凹みを作り、それをリペアするものでした。押味社長は『自分で作業しても、どうせ直せるのでつまらないから』と、受講3週間目の弟子に作業させました。作業中は見せてはもらえなかったのですが、その仕上がりに驚きました。

僕は板金塗装業なので、パネルの歪みや肌あれにはシビアに指摘するつもりでした。が、その仕上がりは地元の数年デントリペア業をしている有名な人達の上をいくものでした。押味社長の言う『JDSの仕上がりの基準は白か黒。 わからなくなれば白、わかれば黒、ただそれだけで、グレーはない。』と言う話を聞き、師匠にするならこの方だと思いました。もしJDSで修行できたなら、押味社長のようにデントリペアに情熱をかけたいです。

...続きを読む

山形県:H様 無料体験時のご職業:建築職人

先日は貴重な体験をさせて頂き、押味社長や受講中の生徒の皆様方に感謝いたします。ありがとうございました。僕の住んでいる地域ではデントリペアは、まだまだ知られていませんし、知っていても”パッと見はヘコミが直ったように見えるけど完全に元の状態までには直らなく、素人目でも分かるくらいの歪みが残る”という様に思われています。僕も最初は少しくらいは歪みが残るのでは?と思っていましたが、JDSさんのHPを拝見したところ何やら「世界水準とかハイ・クオリティー」という文字が…。「おいおい、それは言いすぎでしょ」と笑いながら観ていると、建築職人として同じく職人人生を歩んできた僕を引き付ける何かが…。

それでは百聞は一見に如かずということで家族でディズニーランドに遊びに行きがてら、無料体験をしに行ってみようということになりました。まずは、無料体験希望のメールをJDSさんと他のスクールさん数社に送信。他のスクールさんからは直ぐに返信メールが返ってきましたが、何かが足りない…。しかし次の日、押味社長は僕の携帯電話へ直接電話してきてくれました。この時代、メールは確かに便利ですがやはり文章だけでは熱意は伝わらないと思いました。「何かが足りない」と感じていたのはそこだったのかも知れません。
そして体験当日、色々デントリペアに関する熱いお話を聞かせて頂いた後、押味社長から「私がリペアしても完全に直って当たり前だから、卒業して10日ほど経った卒業生がちょうど練習しに来てるのでその彼と、受講中の生徒の一人に実際にヘコミを直してもらいましょう。彼らの実力を見れば直ぐに答えが出ると思いますよ。但し、作業中はお見せ出来ませんが…。」という提案が出ました。押味社長が練習用のボンネットと練習用の実車に、ハンマーで5cmくらいのヘコミをそれぞれ1つずつ作り、皆さんに直して頂きました。しばらくして「終わりましたよ。」という連絡があり、押味社長から”プロの確認の見方”を教わりながらそれぞれの仕上がりを見てみたのですが「何処にヘコミが在ったんですか?違う綺麗なボンネットに変えたんじゃないんですか?これなら僕もお金払えます。いや、払います!」というくらい素人の僕には完璧に治っているようにしか見えず、全く直した場所が分かりませんでした。しかし、卒業して間もない方は自分の仕上がりに、まだ満足されていない様子でした。「この人達はこれ以上、一体何を目指してるんですかー!」と正直、思いました。その後に押味社長が実際に、横に長い10cmくらいのヘコミを2分も経たない内に直してしまいました。 押味社長からすればまだ軽く直した程度だという事でしたが、僕から言わせてもらうと、その「軽く直した程度と完璧の違い」がハッキリ言って分かりませんでした…。
僕も実際にツールを使って体験してみましたがツールの先端が何処に在るのかも分からず、ヘコミを直してはみたものの表面がボコボコになるだけでした。そんな驚きと「世界水準とハイ・クオリティー」を魅せつけられて、「本気でデントリペアという技術を習得するならJDSさんしかない!」と思いました。押味社長に「他のスクールさんも見学してみて下さい。」と言われましたが行く気になれません。他をみることも大切ですが、押味社長と実際に会って話をしてみたら「もう、この人しかいない。」と思いました。技術だけじゃなく、考え方も正に「世界水準とハイ・クオリティー」でした。最初はデントリペアという技術を疑っていた僕もその「世界水準とハイ・クオリティー」を取得する為に現在準備中です。

...続きを読む

東京都目黒区:I様

私は専門技術者育成コースを受講中です。留学先の洗車場でペイントレスデントリペアを発見し、そこから様々な動画を見ていくうちにその魅力に引き込まれました。
これをやろうと思った時に問題だったのが学校選びでした。海外は勿論のこと日本国内にもあり、何を一番の基準にするべきなのか非常に悩みました。私には“日本人の持つ洗練された技術”と“世界水準”という理想があり、その後は資料請求や無料講習をして比較検討の結果、自分の“理想とスクール独自のコンセプトや技術の差別化”を図る現スクールに至りました。

講習が始まってからというもの、“実際にやってみるデントリペアの難しさ”と “なぜ?”の繰り返し。実際は、聞きたい質問ですらその時に出てこないことも多々ありますが、押味社長や講師による“確かな実演”や、受講者の意味している質問に対しての“的確なアドバイス”をもとに模索し、試行錯誤を繰り返しながらスキルアップを目指しています。
私の他に受講している生徒さんは、皆現役の技術職人さんたちです。私だけ違ったバックグラウンドではありますが、技術職人さんならではの経験談や見解で意見交換ができて勉強になり、独りで悩んだり考え込んだりということも半減できる環境でもあるというのが、今回とてもラッキーな部分でもありました。
なかなか思ったように“形”に表すことが出来ないこともあると思いますが、練習を重ねることによって不安を自信に変え、修理の仕上がりを喜んでもらえるような施工者になりたいと思っています。

...続きを読む

埼玉県:O様 前職:某自動車メーカー技術開発

私は現在受講4週目のOと申します。JDSの先輩方どうぞ宜しくお願いいたします。
JDSに入門してはや2ヶ月…毎日押味社長の仕事や、先輩方の作業を見ては自分の実力を思い知らされる悔しい日々を送っています。明日卒業ですが何を卒業するのか私には意味がわかりません。それくらい難し過ぎるJDSの受講内容です。ひとまずのしきりでしょうか??

デントリペアとの出会いについては2007年6月9日、ボーナス前日に僕自身の車が雹害にあい、それをリペアするため数多くのショップの中から世界大会5位という言葉にひかれ、現在のTDGの前身であるデントリペア ケインを訪れたことがはじまりです。その仕上がりに驚愕し、その2年後の2009年6月に入門し現在に至ります。
私は実家が大工(工務店経営)というのもあり、幼いころから父の仕事する姿を見て将来は職人になりたいと思い、自動車メーカーの操安系のテストという職業を得ましたが職人という感じとは程遠く、休みの日を追いかけるような気持ちで働いていました。しかし一生こんな気持ちで生きるのは嫌だ!!と思い、思い切って押味社長に連絡をとりその2ヵ月後(有休消化があったので実際は1ヶ月)には退職し、いまは毎日張り合いを持って生きています。この先しんどいことがたくさんあるとは思いますが、最後は自分の技術だと思うので、自分に自信が持てるようにやります。
最後に、押味社長、先輩方、これからも厳しいご指導など宜しくお願いいたします。早く営業を開始し、お世話になった方、ご心配をおかけしている方を安心させることができるようまじめに取り組んでいきます!

...続きを読む

東京都:H様 前職:自動車板金塗装職人

押味社長毎日お世話になっております。全国の先輩方現在受講中、東京葛飾のHと申します。どうぞよろしくお願いいたします。
3月いっぱいで勤めていた鈑金工場を辞めて、JDSを知ってから受講を決めるまでは一瞬でした。
押味社長の現場やピット作業を見せて頂くことも多くやる気と焦りが溢れ出る毎日です。
志を同じくするTDGの強い結束力は本当に頼もしいです。
それは押味社長の人柄、技術、ポリシーに吸い寄せられて集まった人達ですから当然でしょうけど。早く立派な一員になるように頑張ります。

千葉県:S様 前職:建築関係

初めにJDSのデントリペア技術の修得についてですが、正直言って本当に厳しいです。
簡単だろうと軽く思っている方は大きな間違えです。
とても繊細で、一人前になる為には一に練習、二に練習です。
押味社長のデントリペア技術者としての熱い思いは、講習中にも随所に感じるとこができ、本気で教えてくれているんだと実感しています。
また押味社長の世界レベルのデントリペア施工を実際に現場で見ることが出来るので、実践的な勉強にもなります。

経営面の事に関しても、体験談等を交えて様々なことを教えてくれます。
最後にJDSはウェブサイトに書いてある通りの男塾そのものです。甘えなど一切許されませんし、みんなが全力でデントリペアに取り組んでいます。本気で一流のデントリペア技術者になりたい方にはJDSを是非お勧めします!!

...続きを読む

埼玉県:N様 現在:自動車板金塗装職人

退職~受講
私は現在、ベーシックコース Bプランを受講しています。会社に退職願いを出してから3ヶ月の間は辞めることができなかったため、押味社長と相談し、退職後に続けて受講できるまでの期間は木曜日の休日を利用して週1日のペースで進めることに決まりました。
仕事がある日には帰ってから毎晩自宅で基礎練習を行っていますが、自分で納得がいくまでできるところがいいです。しかし帰宅が遅く夜にあまり音をたてられないため、少し大変でした。

JDSの優れた技術
私の職場にはすでに10年以上やっているというデントリペア屋さんが弟子を連れて作業をしに来ますが、ここに来るまではその人の仕事しか知らなかったこともあり「デントリペアは直した所がわかって当たり前の技術」だと思っていました。しかも押味社長にお聞きしたところ、噂ではそのデント屋さんはかなり上手いと言われている人だと知ってビックリしました。まだ私もボンネットだけでの練習中ですが、私が思う限り3cmくらいのシャローなサークルデントの仕上がりだけで言えば、時間はかなりかかりますけど、すでにその人の仕上がりと同等か、超えてしまっています。
世界水準の技術レベルの追求や、職人や経営者としての心構えなど、授業は本当に厳しいです。しかし本気で注意してくださり、教えてくださる押味社長がいます。JDSを選んで間違いなかった。本当に、そう思います。

...続きを読む

群馬県:H様 前職:自動車板金塗装職人

画期的な修理方法「デントリペア」
現在、受講四週目に入ったところですが、押味社長から依頼され、旅館でこれを書いています。
自動車板金塗装の現場に十年以上いたので、デントリペアはかなり前から知っていました。話には聞いていて「塗らずに押すだけでヘコミが直る」というのは信じられない気持ちがありましたが、仕事として塗装をしながらも、わずかなヘコミのために新車の塗膜にパテをつけて塗ってしまうのはもったいないと感じていました。「直るものなら」と何気に軽いヘコミを裏から押してみたこともありましたが、そう簡単に直せるものではありませんでした。

工具ショーでの出来事
なかなか実際にデントリペアの仕上がりを見る機会がなかったのですが、とある工具ショーで外国人の方がデモンストレーションの作業をしているのを見て非常に驚きました。車のドアにできた遠くから見てもハッキリとわかる数cmのヘコミを、5分とかからず直していました。
数分でドアからツールを抜いた時、どこにヘコミがあったのか全くわからなくなっていて衝撃を受けたのをハッキリと記憶しています。その衝撃がさめやらぬまま別のデントリペアのブースにも行ったのですが、ネクタイを締めた日本人の方がやはりデモンストレーションをしていて、かなり時間をかけて作業していましたが「最初のヘコミが歪みになったかな?」という程度の仕上がりでした。
この時に作業する人の技量によって仕上がりが大きく左右される技術なのだと感じました。また別のブースでリペア体験をさせてもらったのですが全く思うようにヘコミを押せず、ゴツゴツになってしまい非常に難しい技術だとも感じました。

デントリペアへの想い
この話からはもうすでに十年以上は経っているのですが、数年前から独立を考え始め、以前から非常に興味のあったデントリペアの技術を習いたいと思うに至り、工具ショーのことを思い出しました。
JDSの門を叩いたのは「日本で習える最高の技術を」と考えたからで、何よりもウェブサイトに書かれていることにシンパシーを感じたからです。
結果はどうであったかはこれから自分自身で出していきます。成功することが第一と考えていますし、その時に初めて言えることかなと思いますが、嘘偽りなく最高の技術を習得できると確信しています。
そのためには自分自身にも相応の努力とモチベーションが要求されます。正直、最初に思っていた以上に奥深く難しい技術ですが、それは世界水準を目指すゆえのこと。押味社長の作業現場にも何度も同行させてもらっていますが、いつも最高の仕上がりを追求して作業されていますし、それを支えている技術と妥協しないそのスピリットに世界水準の所以を感じています。

これからの意気込み
衝撃を受けたデモンストレーションから随分と経ちましたが、あの時の仕上がりは「数分で」とはいきません。ですが時間さえもらえればすでに今の自分自身でもだせると思いますし、JDSでは普通に要求されるレベルです。
JDSで学ぶことは技術だけではなく、伝票の書き方から独立自営の心構え、押味社長のデント魂まで様々なことを学べます。頑張れば結果はついてくると思います。面白いものでやってみればわかりますが、やればやるほど上手くなります。
押味社長はみんなに成功してほしいと考えていますから、本気でぶつかってきますが、負けずに頑張りましょう。やらずして結果なしです。

...続きを読む

岡山県:O氏

次はトラストデント正規施工代理店への昇格を目指します!
押味社長よりJDS卒業生の声を…とのことで私の体験を書かせていただきます。 デントリペアとの出会い当時、某自動車メーカーの塗装ラインで働いており、本塗装の前に製造過程で出来る凹凸を検査していました。凹凸や歪みを直してから本塗装に送ります。そこで凹凸を直していたのが揉み出しとゆう方法で、鉄の棒で裏から押したり表面を叩いたりして整えます。これをデントリペアと思っていました。後に動画投稿サイトやwebで一般的なデントリペアを知り、製造ライン以外で再塗装しないで凹みを直す仕事があることを知りました。

スクール選び興味を惹かれ調べたところ、スクールで学んで開業するのが一般的と解り全国のスクールを調べました。そこで一番異質な雰囲気を感じたのがトラストデントです。どのスクールも和やかな感じなのに「男塾、それでよし!」の文字が(笑)自分に甘い性格なので厳しいほうがいいのですが決め手は代表押味氏の経歴でした。海外渡航歴や世界ランク…一瞬自分も海外で学ぼうかと考えましたが漢字も怪しい自分の語学力で英語は無理ですし、いきなり行って教えてくれるほど甘いものではないだろうと悟りました。私が学びたかったのは営業でも話術でもなく技術そのものです。車業界は横の繋がりが太い。仕事が取れても直せなければリピートが無い。エンドユーザーはさらにクオリティを求める。失敗なんて出来ません。軽板金の経験もあるのでそのあたりは知っていました。結果的に日本でデントリペアの技術を学ぶので、日本で一番デントリペアの技術がある人に教わろうと決心しました。
JDSにすぐに問い合わせると電話に出たのはいきなり押味社長です。お忙しい中、技術者としての考えやデントリペア業界のことを教えていただきました。また地域性もあるだろうとのことで私の地元で既に活躍している、トラストデント岡山店 代表の安田さんを紹介していただき岡山でこの仕事はどうなのか?認知度は?市場は?など等、お話させていただきました。そしてトラストデントを学ぼうと決心したのですが押味社長も安田さんもまずはJDSを習ってからと言われました。正直、全力で上を目指したかったのでいきなりトラストデントを教わりたかったのですがステップアップ出来るし自分にデントリペアが向いているのか知ってからのほうが良いとゆうことで、まずはJDSに入校することにしました。 今、文章を打ちながらあのときJDSを選んで良かったと痛感しています(笑)
私は18日間(専門技術者育成コース)を卒業しています。押味社長の長年培ったノウハウをたったの18日間で…1日1年分と言ってもいいぐらいの内容です。私は岡山から740kmほどの距離を、車で3回に分けて通いました。4日間滞在、5日間滞在と間隔をあけ地元にいるときは自分の部屋にボンネットを置いて毎日練習しました。そして残りの9日間は卒業後にデントリペアに打ち込むため、退職してから来ました。2か月間、滞在します。本当は1か月の予定でしたが社長のディーラー出張作業に同行させていただいて求めるレベルが変わってしまいました。正直、ディーラー出張作業の流れを知るためで作業自体はノウハウが違うから見せていただけないと思ってましたが JDSのノウハウで直すから見てていいよ…と。 教わった技術を使いこなしたら出来るレベル。やり方が違うわけでもなく道具が違うわけでもありません。なのに圧倒的なクオリティ。経験上、塗装の肌や僅かな歪みも見ることが出来るのですが凹んでいた場所がわかりません。押味社長が直した凹みと私が直した練習車の凹み。同じ道具で同じノウハウ。違うのは施工した人間だけです。
すごい差を見せつけられましたが目指していけばそうなれる可能性を実感できました。これがJDSのレベルなんだなと。 本物の技術を学べる環境ハードルを上げるつもりは無いのですが、ただ18日間過ごすだけではモノにできません。練習や努力は不可欠です。ノウハウを知るだけで出来るならテキストやDVDだけで十分なはずです。出来ないからスクールがあるわけです。押味社長は男塾そのものではなく気さくな方です。適切に指導してくれます。個々の能力を見抜き確実なアドバイスをしてくれます。人柄や方針、業界に対する取り組みなど無料体験でわかると思います。肝心の技術力は無料体験で自分の目で確かめるのが一番だと思います。 どこのスクールでも同じですが文章、言葉では技術力は分かりません。疑っても信じなくても確かめないと分かりません。 私が求めていたものがあったのでJDSで受講しました。成功している方から成功する方法を学びました。 JDSの名に恥じないよう日々精進していきたいと思います。次はトラストデント正規施工代理店への昇格を目指します!

...続きを読む

北海道苫小牧市:O氏 前職:自動車教習所教官(長年、ホンダのメカニックの経験もあり)

現:TDG 北海道-苫小牧店 代表

現:TDG 北海道-苫小牧店 代表 押味さんに出会えて良かった
無事に羽田空港に到着しました。色々たくさんお世話になりました。これからが自分の人生の再出発だと思ってます。押味さんと出会えてホントに良かったと実感してます。

これからは、押味さんから授かった「技術」「JDS魂」「人として、職人としての心構え」に磨きをかけて練習に励んで、来年のスキルチェックでは全てにおいて「オガちゃんパーフェクト」って押味さんの太鼓判をもらえるように頑張ります!
これから東京の地を離れます。JDSのミンナは淋しがると思いますが(笑)、ミンナ健康に楽しい人生をおくれることを祈ってます。
押味さんもカラダを大切に頑張ってください。ホントにたくさんお世話になりました。自分の師匠選びが間違ってなかったことをこれから北海道の人たちにキッチリ教えることができるように頑張りますよ。「常にベストを尽くす」ですね! 奥様と子供たちにもヨロシクお伝えください。

...続きを読む

福岡県北九州市:S氏 前職:自動車板金塗装職人

現:TDG 福岡県-北九州市八幡店 代表S氏

現:TDG 福岡県-北九州市八幡店 代表S氏 JDSに決めるまで
自分は、今まで様々な自動車関連の仕事をしてきました。タイヤ屋スタッフ、自動車整備士、自動車板金塗装職人。いずれも、いつかは自分の店を持ちたくてやってきました。デントリペアのスクールに通う直前までは自動車板金塗装職人を長年やっていましたが、その時に仕事を頼んでいたデントリペア職人の仕事を見て、ぜひ自分でもやりたいと思いました(今思えばプレスラインも完全にリペアしきれていない仕事でしたが、JDSの受講前はその程度でも、すごいと思ってました)。それからはいろんなスクールのホームページを見て、最終的にJDSに決めました。

理由は、社長の押味さんや福岡支部のアドバイザーであるDENTYA岡さんの考え、技術力の高さに感じるものが大きかったからです。本当に、自分が今まで見てきたデントリペアはいったい何だったんだろうと驚きました。この技術は正直、自動車板金塗装職人をしていた自分には、そこそこできそうな気がしていたのですが、実際はとんでもなかったです。押味社長の要求する技や作業が細か過ぎて、受講中はかなり苦戦しました。
卒業して地元に帰ってきた今でも、毎日練習して苦戦しています。ただ、東京本部でしっかりと勉強してきたので不安は全くないです。デントリペアの魅力は、とにかく仕上がりが綺麗、早い、環境に良い、エコロジーなところです。自動車板金塗装職人をしていた自分には、とても魅力的でした。今まで、ちょっとのヘコミでも板金塗装していたのが、塗装せず直せるなんて、驚きです。こんな環境に良いデントリペアは、いろんな人にすすめていきたいです。JDSを卒業した自分は、福岡県や北九州市のデントリペアの認知度を、より良く変えていきたいです。

...続きを読む

福岡県久留米市:O氏

現:TDG 福岡県-久留米店 代表
(他スクール受講経験者。現在は長年の経験を活かし、当校の九州支部長として活躍中。デントリペア技術が日本に入ってきすぐに始めたということもあり、この業界の生き字引的存在です。)

現:TDG 福岡県-久留米店 代表 基礎からやり直す決意
社長とお会いする以前から自分自身、十数年前に他スクールを受講して以来、長年デントリペア業務に従事していました。ただ、同業他社とはあまり交流を持たず、自分なりに工夫してやってきましたが、どこか我流になってやってしまっているんじゃないかといった不安は常に持っていました。それなりに仕事もありましたが、新しい技術に対応することも常々必要だと感じていました。そんな時、思い切って以前から気になっていた「JDS」へ連絡を取り、社長からデントリペアに関する色々なお話を聞かせていただきました。社長とお話をする上で色々耳の痛い話もあり、「自分自身変えていかなくては」と思い、基礎からもう一度やり直すことを決めました。

多くの学び
2006年、埼玉県での降雹災害時の雹害車リペアの際、一ヶ月半の間「TEAM・JDS」として寝食を共にし、現場で実践を踏まえながら本当に多くを教えていただきました。
社長の技術レベルは想像以上でしたが、何よりデントリペアの限界の高さに驚きました。それなりにデントリペアという技術を習得しているつもりでしたが、自分とはあまりにレベルが違い過ぎ、理解できないほどの高度な技術の差を見せつけられて一ヶ月半の間、凹みっぱなしでした。でも、デントリペアをやる者としてこれ以上ない環境で学べたこと、世界水準の仕上がり、本物の技術を見られたことで、受講後の自分の技術に対しての不安はもちろん、今までどこかにあった焦りや迷いが全くなくなりました。今では「自分の技術にさらに磨きをかけて、もっともっと上手くなりたい」と、より一層強く思うようになりました。
高度な技術を学べる場所
JDSというスクールはこれまでにない高度な技術を学べる場所です。正直、自分がデントリペアを始める時にココがなかったことが残念です。デントリペア業界でこのスクールで習得する技術がいかにすごいことかは、受講後に実際に営業を始めればわかることでしょう。

...続きを読む